ヘルパンギーナとはコクサッキーウイルスA群の感染によって起こります

ヘルパンギーナとはコクサッキーウイルスA群の感染によって起こります

ヘルパンギーナとはどんな病気
ヘルパンギーナとはコクサッキーウイルスA群の感染によって起こり、風邪の症状のほかに口腔弓(のどちんこ)の近くに水泡ができて、次第に潰瘍化します。 主に乳児や幼児期に多いです。 手足口病との違いは、手掌や足底部もに斑状丘疹や水疱があるかどうかです。 病院の何科に受診するかは子供なら小児科になります。もし大人がかかった場合は内科になります。

 

 

ヘルパンギーナの症状について
突然高熱が出て、喉の奥にに水泡や潰瘍ができる状態がヘルパンギーナの症状になります。痛みが出るため、乳幼児は母乳やミルクを欲しがらなくなります。唾液を飲み込むことも辛いので、よだれをよく出すことでも症状に気づくことがあります。

 

 

ヘルパンギーナの診断について
ヘルパンギーナの診断は、画像や写真などで喉の奥に水泡や潰瘍ができているかを見たり、突然の高熱に見舞われる症状が出たかどうかによって下されます。感染する病気のため、自己診断はせずに必ず医師の指示に従うようにしましょう。

 

 

ヘルパンギーナの原因の感染経路
高熱と喉の痛みが特徴のヘルパンギーナの原因は、コクサッキーウィルスというウィルスです。このウィルスは感染した人の唾や便に含まれていて、それに接触することによってヘルパンギーナにかかります。症状が治まってからも数週間にわたって便にウィルスが含まれるため注意が必要です。

 

 

ヘルパンギーナの熱の期間
夏になると増加するウイルス性の感染症のヘルパンギーナは主に乳幼児に流行しやすい夏風邪のひとつで、症状として38〜40度の発熱が2〜3日続きます。

スポンサードリンク

関連ページ

手足口病のかゆみ
手足口病のかゆみはいつまで続く?手足口病のかゆみの治療法は軟膏、手足口病のかゆみの症状は大人も子どもも共通、手足口病のかゆみに効く薬キンダベート、手足口病のかゆみに効く薬レスタミン、乳幼児に多い夏風邪の一種?を解説してます。
大人の手足口病
手足口病の大人の初期症状、手足口病は大人でも感染者の鼻水や咳で感染する?大人が感染したからといって出勤停止になるような問題はない、大人の手足口病の予防はは仕事の疲れをためないこと、手足口病は直接効果がある治療薬が存在する?を解説してます。
手足口病とは口腔粘膜や手・足などの四肢末端に現れる水疱性の発疹です
手足口病とは?病院の何科?水泡が出来て痛みを伴う症状、喉の唾液や分泌物による飛沫感染が原因、様々な苦痛や症状を軽減させる治療方法、手足口病のウイルスを抑制させたりする特効薬は?ウイルスの感染によっておこるウイルス性疾患を解説してます。
手足口病の発疹からでもうつる?
手足口病の発疹は人から人にうつる?手足口病の発疹はピークはいつまで?、手足口病の発疹のかゆみ、手足口病の時のプール使用、大人の手足口病について、手足口病の発疹は自然治癒する?大人が感染した場合は、重症化しやすい?を解説してます。
手足口病の熱は39度程度まで上がる場合もあります
手足口病の熱は39度まで上がる、手足口病の熱はいつまで?手足口病の熱なしの症状、大人の手足口病、乳児等が多くかかる手足口病、症状が軽いと2日前後で症状が重いと7日前後です、自然治癒する?何月に乳幼児の間で流行する?を解説してます。
手足口病の7の症状
子供と赤ちゃんの手足口病の症状、手足口病の初期症状、抗ヒスタミン剤やステロイド軟膏などでの治療方法、うつるので注意が必要な手足口病、感染力がとても強いのが特徴、水ぶくれが破れるとどうなる?手足口病はいつ流行する?を解説してます。