手足口病-関連8記事

手足口病-関連8記事記事一覧

手足口病のかゆみはいつまで続く?

手足口病のかゆみはいつまで続く?手足口病のかゆみは水疱次第です。手足口病は手のひらや足の裏、口の中に水疱ができる病気で乳幼児に多く見られます。手足口病のかゆみはいつまで続くかは人によって異なりますが、1週間ぐらいの期間でほとんどの人の場合、水疱が完全になくなるとかゆみも無くなります。手足口病のかゆみ...

≫続きを読む

手足口病は大人がかかると不顕性感染でない限り仕事を休めないので厄介です

手足口病の大人の初期症状手足口病は免疫力や体力をつけ感染を予防する事が大切です。手足口病はウィルス性の病気で、主として子供に多く発症します。 しかし、大人でも免疫力が低下している時に子供のオムツ交換や便に触れた時など に感染することがあります。 発熱や喉の痛みが初期症状として表れ、ひどくなると水泡、...

≫続きを読む

手足口病とは口腔粘膜や手・足などの四肢末端に現れる水疱性の発疹です

手足口病の読み方てあしくちびょう手足口病は何科を受診すればいいのか手足口病とは、口腔粘膜や手・足などの四肢末端に現れる水疱性の発疹で、ウイルスの感染によっておこるウイルス性疾患です。赤ちゃん(乳児)や幼児によくみられ、夏を中心に流行します。病院の何科を受診するべきかというと、子供がかかる病気なので小...

≫続きを読む

手足口病の発疹からでもうつる?

手足口病の発疹は人から人にうつる?手足口病はコクサッキーウイルス、エンテロウイルスなどのウイルスによって感染する急性ウイルス感染症です。当然、ウイルスなので人から人に感染します。手足口病の発疹からでもうつる?のかどうかですが、発疹からの分泌物を直接触った場合は接触感染となり感染してしまいます。手足口...

≫続きを読む

手足口病の熱は39度程度まで上がる場合もあります

手足口病の熱は39度まで上がる手足口病とは、ウイルス性疾患の一種です。手のひらや足の裏、口内に水疱が発生するのが病名の由来です。それ以外の症状としては、発熱や咽頭痛等があります。手足口病の熱は39度程度まで上がる場合もあります。  多くの場合は1週間から10日程度で自然に治ります。手足口病の熱はいつ...

≫続きを読む

手足口病の7の症状

手足口病の7の症状手のひらや足の裏、お尻に発疹が出て水ぶくれになる口の中に口内炎ができる発熱咽頭痛倦怠感食欲低下下痢など7の症状があります。子供の手足口病の症状はどんなものがありますか手足口病は、子供が罹りやすい感染症です。 手足口病の症状としては、手のひらや足の裏に発疹が出て水ぶくれになったり、口...

≫続きを読む

ヘルパンギーナとはコクサッキーウイルスA群の感染によって起こります

ヘルパンギーナとはどんな病気ヘルパンギーナとはコクサッキーウイルスA群の感染によって起こり、風邪の症状のほかに口腔弓(のどちんこ)の近くに水泡ができて、次第に潰瘍化します。 主に乳児や幼児期に多いです。 手足口病との違いは、手掌や足底部もに斑状丘疹や水疱があるかどうかです。 病院の何科に受診するかは...

≫続きを読む

スポンサードリンク