声帯に疾患のある有名人

スポンサードリンク

声帯に疾患のある有名人

 

高橋真麻さん、声が出なくなる

 

高橋真麻さんが声が出なくなるという症状になり、

 

受診したところ過労とストレスと風邪と診断されました。

 

風邪による体へのダメージがあったところに

 

仕事の忙しさやストレスが重なり、

 

言葉を発しようとしても声がでなくなってしまいました。

 

 

 

 

失声症は精神的ショックや強いストレスで起こりやすいです

 

 

羽鳥慎一アナ声が出ず

 

羽鳥アナが風邪で喉が痛くて声が出ない事を理由に、

 

テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」を

 

2日間欠席しました。

 

風邪はすぐに治ったものの、声が出なかったそうです。

 

元々声帯が弱い体質らしく、

 

今回も声帯を痛めたものと思われます。

 

 

 

 

 

元アナウンサーの西田隆人さんの発声障害の画像

 

 

元アナウンサーの西田隆人さんの発声障害について

 

元アナウンサーの西田隆人さんは

 

福井放送に入社したのですが、

 

喉の酷使から機能性発声障害を発症してしまいました。

 

これは声帯に問題がないのに発声異常を生じるものです。

 

このことから福井放送を退社することになりましたが、

 

今では東京パラリンピックの開会式で

 

パフォーマンスする夢を掲げて活動しています。

 

 

 

 

青木美保さんも発症!謎の病気「痙攣性発声障害」

 

歌手の青木美保さんは2000年に

 

痙攣性発声障害を発症しました。

 

ある日突然声が出なくなり、

 

歌うことができなくなってしまったのです。

 

根本的な治療法はなく、

 

青木さんは発声トレーニングを改善法と考え、

 

毎日行いました。

 

そして発症から11年後、

 

無事に声を取り戻すことが出来ました。

 

 

 

 

イノクチタカヒロさん声帯の損傷

 

大怪我によって活動を休止していた

 

hotspringのボーカルであるイノクチタカヒロさんは、

 

治療に当たって、気管挿入を受けたことで、

 

声帯を痛めることになったと告白しています。

 

これは挿入性嗄声と呼ばれる症状と考えられます。

 

気管挿入による声帯への外傷や、

 

気管挿入による神経の圧迫による

 

麻痺が原因で、嗄声が生じることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイムビクトリアさん声帯を痛めて静養中

 

大人気オタクコメディドラマの

 

ビッグバンセオリーなどの作品に出演し、

 

人気を集めているアメリカ合衆国出身の

 

女優メイム・ビアリクさんは、

 

声帯を痛めて静養されています。

 

原因は、上手く声帯を使えていなかった事で、

 

発声禁止となっています。

 

 

 

 

声帯が潰れたプロレスラーの本間朋晃選手

 

プロレスラーの本間朋晃選手は、

 

試合中に相手の選手から喉仏を攻撃されたために

 

声帯が潰れてしまいました。

 

本間朋晃選手の声がハスキーで聞き取りにくいのは

 

生まれつきではなく、プロレスの試合中に

 

声帯が潰れたことが原因です。

 

 

 

つんく♂さんが声帯を摘出し声を失ったことを公表

 

声帯を摘出したつんく♂さんは、

 

母校である近畿大学の入学式にサプライズ登場し、

 

咽頭がんの治療で声帯を摘出したことを告白しました。

 

会場のスクリーンには、

 

「一番大事にしてきた声を捨て生きる道を選びました」

 

というメッセージが 映し出されました。

 

 

 

 

声帯を痛めて半年間しゃべれなかったAimerさん

 

シンガーソングライターのAimerさんは、

 

歌唱による酷使が原因で、

 

15歳の時に声帯を痛めてしまい、

 

半年間、声を出さない沈黙療法を受けていました。

 

現在では、回復しきれなかったハスキーボイスを

 

歌唱に取り込むことで魅力を高め、

 

多くのシングルをリリースし、

 

テレビやラジオでも活躍しています。

 

 

 

 

声をよく使う田所あずささん、声帯部炎症

 

2017年4月、声優で歌手の田所あずささんは

 

声帯部炎症が判明したために公演を

 

延期することになりました。

 

声帯部の炎症は声をよく使う方や

 

喫煙者が起こしやすい症状で、

 

放置すると声が出なくなったりします。

 

喉に違和感を覚えたら、

 

早めに病院に行くことが大切です。

 

 

 

 

川崎麻世さん、ストレスによる声帯萎縮症を克服!

 

川崎麻世さんはストレスが原因による

 

声帯萎縮症と診断され、

 

2016年の9月に都内の病院で手術を行いました。

 

手術後の経過も良好で歌手活動や

 

ミュージカルなどの舞台での活動など

 

手術前と変わらず精力的に芸能活動をしています。

 

 

 

 

 

 

 

ベリーグッドマンのデビュー曲に秘められた父への思いとは

 

RoverとMOCA、HiDEXの3人からなる

 

ボーカルユニット、ベリーグッドマンは

 

2016年3月9日にメジャーデビューしました。

 

デビュー曲の「ありがとう〜旅立ちの声〜」

 

は、Roverさんの父親に捧げる

 

人間賛歌とも言うべき曲とのことです。

 

お父様は喉頭がんで声帯を摘出し、

 

声が出ませんでした。

 

亡くなる前に家族にあてた手紙のタイトルが、

 

「旅立ちの声」だったそうです。

 

 

 

 

韓国歌手キム・ヨヌさん声帯異常の画像

 

 

韓国歌手キム・ヨヌさん声帯異常は好転

 

韓国歌手キム・ヨヌさんは1971年生まれで、

 

1988年にデビューしました。

 

2015年12月12日の単独コンサートでの際、

 

声帯異常により高音の声が出ないということで、

 

途中中断となりました。

 

しかし2016年3月には、

 

状態は好転していて復帰に向け

 

準備しているとのメッセージが、

 

公式サイトに掲載されました。

 

 

 

 

公演延期!ジョン・レジエンドさんの声帯の不調

 

アメリカのソウルシンガーである

 

ジョン・レジェンドさんは声帯の不調により、

 

アメリカ公演の「ダークネス・アンド・ライト」

 

を延期することになりました。

 

じっくり休むことで、

 

声帯を回復させることを目的としています。

 

 

 

 

歌手のリアーナさんのこと

 

歌手のリアーナさんが声帯の不調を訴えて、

 

本来グラミー賞で披露するはずだった

 

「kiss it better」のパフォーマンスを見送ったのです。

 

リアーナさんの広報担当者によると、

 

あくまでもリアーナさんの医師による

 

アドバイスを尊重したとのことです。

 

 

 

 

英歌手アデルさん、声帯を痛め手術「本当に辛かった」

 

英国の歌手アデルさんは、2011年に

 

声帯を痛めたため手術をしました。

 

彼女は、8月の仏ラジオ局で歌っている際に

 

「喉がカーテンで覆われているような感じがする」

 

と訴えました。その後ポリープを除去する手術を行い、

 

2か月ほどは声帯の安静を強いられました。

 

話すことが大好きだったので、

 

スマートフォンのアプリを使いコミュニケーションを

 

とっていました。

スポンサードリンク