有名人も使っているパワーブリーズプラスの正しい使い方とは?

スポンサードリンク

 

パワーブリーズプラスの正しい使い方!

 

呼吸法で腹筋やインナーマッスルを鍛える、

 

パワーブリーズプラスの正しい使い方を解説します。

 

最初は張力調整ノブを負荷ゼロのメモリに

 

合わせてからトレーニングを始めます。

 

慣れてきたら少しずつ負荷をかけて、

 

無理をせずにトレーニングを自分の

 

ペースで毎日継続させる事が大切です。

 

 

 

 

呼吸強化!パワーブリーズプラスの正しいくわえ方

 

パワーブリーズとは、呼吸に必要な

 

筋肉を強化するトレーニング器具です。

 

使用することにより持久力が強化され、

 

運動能力が向上します。

 

また、日常生活から呼吸が

 

快適になります。

 

正しいくわえ方を解説します。

 

マウスピースを口に含み、

 

息を長く吐いて、

 

強く吸う練習をします。

 

練習に慣れたら、

 

ノーズクリップを付けて

 

トレーニング開始です。

 

 

パワーブリーズプラスで肺活量を強化する画像

 

 

いつ始める?呼吸トレーニングの良いタイミング

 

パワーブリーズプラスは肺活量を

 

鍛えるための呼吸トレーニング用具です。

 

初心者がこれを使ったトレーニングを

 

するのに良いタイミングは、

 

食間の空腹時になります。

 

その理由は息を強く吸い込む

 

トレーニングであるため、

 

お腹にスペースを作って

 

おいたほうが良いからです。

 

 

 

 

天気も場所も選ばずにインナーマッスルを鍛える!

 

筋力トレーニングを毎日継続するのは

 

簡単そうで難しいものです。

 

その理由は疲れて

 

運動する気が起きない、

 

天気が悪くて外やジムに行くのが

 

面倒など悪いいタイミングが続くことです。

 

パワーブリーズプラスを使えば

 

コンパクトで場所を選ばず、

 

呼吸トレーニングにより

 

インナーマッスルを鍛える事が可能です。

 

負荷調整が可能なため、

 

アスリートから高齢者まで

 

幅広い方に最適で3タイプあります。

 

呼吸筋を鍛えるパワーブリーズプラスの3タイプとは?

 

 

 

 

2つのメリット

 

パワーブリーズプラスは呼吸する

 

筋力をトレーニングするための

 

健康器具です。

 

パワーブリーズプラスを

 

使用するメリットを2つ挙げます。

 

その1は、運動中息が切れると

 

練習を苦しいと感じてしまう

 

ことがありますが、パワーブリーズプラスで

 

呼吸の筋力を鍛えることにより、

 

この息切れを緩和し、

 

快適に練習に取り組め

 

有酸素系スポーツの

 

持久力・練習効率を

 

上げたい人必見です。

 

その2は、パワーブリーズプラスで

 

練習をより積めるようになることで、

 

自身の健康保持や持久力の

 

向上が見込めます。

 

 

 

 

 

 

デメリット2つ

 

パワーブリーズプラスは

 

ハンディ型の肺機能強化器具です。

 

デメリットを2つ挙げます。

 

その1は短期間で効果が

 

見えるものではないため、

 

地道に使い続けるしかない点です。

 

肺機能が強くなったと個人で

 

効果を確かめることは難しいです。

 

その2は基本的にこの器具を

 

使って行うトレーニングは

 

「呼吸をするだけ」という単純な

 

作業である点です。

 

モチベーションを保ってパワーブリーズプラスをする女性の画像

 

少々地味すぎるので使い続ける

 

モチベーションを保つのは

 

難しいかもしれません。

 

 

 

 

有名人も使っている呼吸筋トレーニング器具

 

パワーブリーズプラスを使っている

 

有名人をできるだけ挙げるとすると、

 

Bzの稲葉浩志さんがライブ前の

 

ウォーミングアップで使っていたことで

 

話題になりました。

 

また自転車競技選手の

 

竹谷賢ニさんなど沢山の

 

スポーツ選手にも使われている

 

アイテムです。

 

喉の筋肉を鍛えるパワーブリーズプラスで声量アップする秘訣とは?

 

 

 

 

広瀬香美さんお勧め

 

パワーブリーズプラスは

 

広瀬香美さんが

 

お勧めしている器具です。

 

この器具を使うことによって

 

呼吸筋を鍛えることができます。

 

1日30回の呼吸を2セット

 

行うのが目安です。

 

NHKの趣味do楽でも

 

紹介されるほど注目を集めています。

スポンサードリンク