喉に疾患のある有名人

スポンサードリンク

喉に疾患のある有名人

のどに疾患を抱える有名人というのは意外に多いものです。例えば、どんな方たちがいるでしょうか。どんなに小さい、のどの異常でも違和感を感じたならすぐに治療を受けるようにしましょう。

 

 

ジャネット・ジャクソンさん咽喉がん
ジャネット・ジャクソンさんが、咽喉がんの噂を否定しました。ジャネット・ジャクソンさんは世界ツアーを延期することを発表。手術を受けるよう医師から言われたと明かしています。ジャネット・ジャクソンさんは昨年11月に来日し、公演を行いました。

 

 

元バレーボール日本代表でタレントの大林素子さんについて
タレントの大林素子さんは声帯結節の手術を昨年、受けた事を公表されました。経過があまりよくないとのことです。昔は元バレーボール日本代表の選手でした。現役時代のポジションはライトでした。長身とサウスポーをいかしたプレースタイルで、右端から左端まで走り抜けてアタックをするブロード攻撃も多用していました。

 

 

時東ぁみさんが声帯結節の治療を受けていたこと
歌手でタレントの時東ぁみさんが、声帯結節という喉の病気の治療を受けていたことを自分のブログで発表しました。声帯結節とは声帯に炎症性の腫瘤ができ、声がれの症状が起きます。原因としては、発声によって起こる声帯粘膜の慢性的な摩擦と考えられおり、日常的に声を使う人によく発生します。時東ぁみさんの場合は投薬治療で治したということですが、早期に治したい場合などは結節の切除手術を行います。

 

リングの画像
プロレスラーの本間朋晃さんのど仏がめり込んでる
プロレスラーの本間朋晃さんは、アニマル浜口トレーニングジムを経て、97年5月に大日本プロレスでデビューしました。過激なデスマッチファイターとしてその名を広めてきました。10年ほど前に、試合でラリアットを受けたのが原因でのど仏がめり込んでるそうです。

 

 

TERRAが喉の手術について
PEACE$TONEのボーカルであるTERRAが喉の手術を行うことになりました。またポイズンのボーカルのリッキー・ロケットも口腔がんを患っており、治療を続けています。歌手は喉の不調を抱えるケースが目立つので日々のケアが必要であると言えます。

 

 

のどに疾患を患った加瀬邦彦さん
元ワイルドワンズのリーダーであった加瀬邦彦さんは2014年に下咽頭がんを発症し、2015年4月20日に自宅で自殺をして亡くなっていることが確認されました。享年74歳で生涯を終え、多くのファンや関係者がその死を悲しみました。

 

 

向井慧さん
お笑いトリオ・パンサーの向井慧さんはのどにポリープができ、手術をするために活動を一時休養していました。
一か月ほど前からのどに違和感を抱えていたようで、病院で診断したところのどにポリープができており、手術をすることになりました。しかし、手術は1日の入院だけで済み、1週間程度の休養で再び活動をすることができるようになりました。

 

落語家の画像
林家木久扇さん
落語家の林家木久扇さんは咽頭がんであると診断されました。
しかし、早期発見であったことから、声を失う危険のある手術をするのではなく、一ヶ月半の放射線治療を選ぶことができました。最初は、のどに違和感があり、時々声が出にくい症状があり、精密検査を受けたところ発見されたという事です。少しでものどに異変を感じたなら病院を受診するというのはとても大切なことです。

 

水沢アリーさん
芸能人の水沢アリーさんはのどのポリープを患っていることを2013年11月に自信のブログで明らかにしました。声帯にポリープを抱えるというのが多くの人にとって身近な病気であることがよくわかります。

 

 

加藤茶さん
加藤茶さんも扁桃腺に異常を感じ2012年に病院で治療を受けました。
軽い扁桃腺炎だったようで、注射を打ってもらい、静養することで回復していったようです。扁桃腺が炎症を起こすというのは、よくある症状で、風邪なのかな、と軽く考えてしまいがちです。しかし、放っておくと扁桃周囲膿瘍という扁桃腺の周りに膿がたまる病気になり、寝ている間にその膿が広がり窒息して死んでしまう事もあるかもしれません。

スポンサードリンク