口内炎-関連15記事

口内炎-関連15記事記事一覧

唇の内側、外側、裏側の口内炎とその原因

口内炎の18の原因ヘルパンギーナ、ビタミン不足、ストレス、睡眠不足、歯のかみ合わせ、全身性疾患、ビタミンB群の不足、免疫力低下、甘いものを過剰に摂取する、疲労、食べ物によって傷がついた、唇を噛んだ、ウィルス(ヘルペスウィルス)や細菌の増殖によるもの、やけど、花粉症、ベーチェット病、手足口病、生活習慣...

≫続きを読む

口内炎に良い食事と悪い食事

口内炎の時の子供の食事について子供が口内炎になると痛がってなかなか食事を取ろうとしなくなります。ですが口内炎は栄養をしっかり摂取することで治りが早くなりますから、なるべくバランスの取れた食事を与えることを心がけるようにします。口内炎の食事はクリーム系がしみにくいので、クリームシチューやポタージュスー...

≫続きを読む

口内炎が治らないさまざまなシチュエーション

口内炎が治らないときはベーチェット病かもしれません口内炎がなかなか治らないときはただの口内炎とほうっておくのではなく、口内炎をよく観察してみましょう。口内炎 が治らない場合はベーチェット病という病気になっていることもあります。直系一センチ程度の大きな口内炎ができる 、あるいはその口内炎が円形で表面が...

≫続きを読む

口内炎に効く3つのビタミンとは?

口内炎に効く3つのビタミン口内炎に効く3つのビタミンは主にビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンcなどが効くといわれています。口内炎と食事の関係性や治療手段について口内炎になると食事が辛いという問題がありますが、その為に食事を控えてしまうのは逆効果と言えます。食物中に含まれるビタミンB2が、口内炎の改...

≫続きを読む

歯茎の口内炎は歯ブラシによる強い刺激などです

歯茎の口内炎の痛み歯茎にできた口内炎は痛いと感じることがあります。しかし、痛み方や痛みの期間が長い場合は違う病気が考えられる場合があります。あまりにも痛みを感じる時は、歯科医に相談した方がよいです。通常の口内炎でも受診することで適切な治療を行なってくれるので早く治ります。歯茎の付け根にも口内炎はでき...

≫続きを読む

口内炎は歯科、耳鼻咽喉科あるいは口腔外科で診てもらいます

口内炎を病院で受診する場合についてこの疾患は口や舌の粘膜に炎症を起こすことの総称です。一般的にこの疾患といえば「アフタ性口内炎」を指すことが多 いです。病院で診てもらう場合、何科で診てもらうのが良いかですが、基本的には歯科、耳鼻咽喉科あるいは口腔外科 で診てもらいます。白い炎症にもなる口内炎の症状歯...

≫続きを読む

口内炎のパッチは傷を保護し痛みを和らげ即効性があります

口内炎のパッチの効き目と効果口内炎の市販薬として、丸い絆創膏のようなものに薬を塗布した口内炎のパッチをよく見かけます。この口内炎のパッチの効果としては、傷を保護し痛みを和らげることにあります。「塗布されている薬の種類によって、効き目が違うのでは。」と思う方もいるかもしれませんが、傷を守るという観点か...

≫続きを読む

アフタ性口内炎は歯茎や頬の裏等にできる白い円型のできものです

アフタ性口内炎は病院の何科を受診すればいいか一般的なアフタ性口内炎は、栄養バランスや体力の回復に気を付けて生活していれば、1〜2週間程度で治っていきます。2週間以上たっても治らない場合は、病院の何科を受診すればいいのでしょうか。口の中の粘膜の病気ですので、口内炎になった場合は耳鼻咽喉科に行くとよいで...

≫続きを読む

口内炎に効く薬は貼る、塗る、飲むの3タイプあります

口内炎に効く薬ランキング1〜3位は?口内炎に効く薬ランキング1位は、ブリストル・マイヤーズの「ケナログA口腔用軟膏」(5g・945円)、続く第2位は 、佐藤製薬の「サトウ口内軟膏」(8g・698円)、そして、第3位は、大正製薬の「口内炎パッチ大正A」(10パッチ・ 678円)です。※価格は全てAma...

≫続きを読む

子供の口内炎はヘルペス、ヘルパンギーナといったウイルスが原因?

子供の口内炎は病院の何科に連れていけばよいのかこの疾患は、病院の何科で診察していただけるのかというと、実は専門の科がありません。皮膚科、内科、耳鼻咽喉科、歯科、口腔外科で診察していただけます。子供のこの疾患の場合、上記の科でも見ていただけますが、まずかかりつけの小児科で診察していただいて、さらに措置...

≫続きを読む

スポンサードリンク