一時的に声が出ないアイドル

スポンサードリンク

一時的に声が出ないアイドル

 

内海和子さん声帯手術前後の心境の変化

 

喋る事を生業とする方に声帯手術経験者は多く、

 

元おニャン子クラブの内海和子さんもその一人です。

 

手術前は自らの声が原因による歌唱力の低下に

 

悶々とする日々を送られていました。

 

手術後はまさに水を得た魚のように

 

生き生きとされています。

 

 

 

 

喉の調子が悪くなって声が出なくなった欅坂46の平手友梨奈さん

 

欅坂46の平手友梨奈さんは、

 

喉の調子が悪く声が出せない症状になりました。

 

握手会を開催した時には、ファンに対して

 

声が出ないことを謝罪しましたが、

 

喉を痛めたことが原因で治療中で

 

あることを明らかにしました。

 

 

 

 

乃木坂46の高山一実さんガラガラ声でも番組に出演

 

乃木坂46の高山一実さんが風邪で

 

声が出ないという症状に悩まされていました。

 

いくつかCM発表会や番組出演がありましたが、

 

ガラガラになった声でありながらも、

 

なんとか出演していました。

 

体調不良が長引き、

 

暫く回復まで時間がかかりました。

 

 

 

 

AKB48の渡辺麻友さんの画像

 

AKB48の渡辺麻友さんがのどの炎症で声が出ないまま握手会に参加

 

AKB48の渡辺麻友さんはのどの炎症が原因で、

 

声が出なくなってしまったことがあります。

 

握手会の日でしたが欠席せずに、

 

ファンにはプラカードを使用したり

 

ジェスチャーで対応しました。

 

声が出ないままでしたが、

 

AKB48の渡辺麻友さんのファンは

 

神対応として絶賛しながらも、

 

心配の声も上がっていました。

 

 

 

 

AKB48異色の演歌歌手の岩佐美咲さん声が出ない症状に

 

グループの中では異色とも言える

 

AKB48演歌歌手の岩佐美咲さんは、

 

祖父母の影響で演歌歌手を目指し、

 

2014年には3枚目のシングル曲が

 

オリコン週間ランキングでも1位に輝きました。

 

しかし、20歳の誕生日を迎える前に、

 

喉の痛みを感じ、声が出ない症状に陥りました。

 

現在は回復して、再び、

 

演歌歌手としての道を歩み始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

元AKB48の篠田麻里子さんは2015年の5月に、声が出ない時期があった

 

仕事が忙しく自分の時間が持てなかったり、

 

日常生活で不安な事や心配事が

 

たまるとストレスがたまりますが、

 

ストレスが原因で突然声が出なくなる事があります。

 

元AKB48の篠田麻里子さんは

 

2015年の5月に、声が出ない時期がありました。

 

失声症は精神的ショックや強いストレスで起こりやすいです

 

 

 

 

NMB48の山本彩さんの声が出ない理由

 

NMB48の山本彩さんは声帯の手術をしていた関係で、

 

声が出ない時期がありました。

 

どのような理由で手術をしたのかは明かされていません。

 

長時間歌うことができなかったり、

 

大声を出せない時期もあり、

 

ファンから心配の声が上がっていました。

 

 

 

 

アイドルの画像

 

SUPER☆GiRLSの溝手るかさんの声

 

SUPER☆GiRLSの溝手るかさんには

 

一時期声が出ないという状態がありました。

 

声が出ない原因は声帯の裏側のにできた

 

腫れによるものでした。

 

その時に診てもらった医者にも

 

声を出さないようにと止められていたようです。

 

 

 

 

SMAPの中居正広さん声が出ない、のどの腫瘍で摘出手術

 

SMAPの中居正広さんが、

 

のどの腫瘍を摘出手術を行いました。

 

1年半前から異変を感じ「声がガラガラで声が飛ぶ。

 

無理しても声が出ない、

 

症状があり精密検査を受けたところ

 

腫瘍が発見されました。

 

医師からは悪性の場合は喉頭がんの

 

可能性があると告知されました。

 

術後の結果は良性とわかり、

 

2週間の休養期間が必要でしたが

 

5日間の休みだけで復帰しています。

 

 

 

 

アイドルグループNU’ESTのメンバー活動中断

 

声帯結節により、K-POPアイドルグループ

 

NU’ESTのベク・ホンジュンさんが

 

活動を一時休止しました。

 

ベク・ホンジュンさんはこれまで

 

グループ活動と並行して治療を受けてきましたが、

 

医師から現在は絶対安静が必要な

 

状況であると診断を受けました。

 

ベクさんは声帯ポリープ除去及び

 

粘膜修復のため声帯手術を受けます。

スポンサードリンク