アロマディフューザーをいろんな場所に置く注意点とは?

アロマディフューザーをいろんな場所に置く注意点とは?

 

アロマディフューザーを寝室用にする2つの注意点とは
アロマディフューザーを寝室用にする注意点は、「湿気」・「安全性」の2点です。布団やベッドがある寝室に、湿気は大敵です。加湿機能のないものを選ぶと、安心出来ます。また、寝る前に使用してそのまま消さずに寝てしまったということもあり得るので、火を使わないものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

 

アロマディフューザーをリビング用にする注意点は
鼻が詰まって寝苦しい、気持ちが高ぶって眠れない、そんな時におすすめなのがアロマディフューザー。用途にあったお好みのオイルを選んで、アロマディフューザーにセットし、作動させると、ミスト状の香りが部屋に広がります。リビング用にする注意点は、お子様やペットが誤って落としたりしないような場所にセットするのが良いでしょう。

 

 

アロマとエアコンの併用時に気をつけたいこと
香りを発生させるアロマディフューザーと、お部屋の空気を取り込むエアコンとの併用には、ひとつ注意点があります。アロマのオイル成分がフィルターにつきやすいので、こまめにお手入れするか、早めに交換しましょう。そのままにしておくと嫌な臭いの原因になります。

 

 

アロマディフューザーを和室用にする3つの注意点とは
アロマディフューザーを和室用にする注意点は、「香り」・「デザイン」・「安全性」の3点があります。ヒノキや柚子などの和の精油を用いることで、空間にマッチした演出が出来ます。デザインもシンプルな形や色のものを使ったり、和らしい磁器のものを使うと、空間のバランスがとれます。また、和室は畳や木などの燃えやすいものを使用しているので、火を使わないタイプのものを選ぶと安全です。

 

 

アロマディフューザーを玄関用にする2つの注意点とは
アロマディフューザーを玄関用にする注意点は、「コンセントの有無」・「臭いやウイルスの対策」の2点があります。玄関周りにはコンセントがない場合があるので、電池式のものを選ぶと良いでしょう。また、玄関は靴があって臭いがしたり、来客が一番最初に入る場所でもあるので、レモンなどの消臭効果のある香りにすると、好印象です。そして、外部との接触部分ということから、ウイルス対策に効果的な香りを選ぶと良いでしょう。

スポンサードリンク

関連ページ

加湿器の効果と特徴
加湿器は肌に効果があります、空気清浄機加湿器の効果と特徴、ペットボトル加湿器の特徴、ペーパー加湿器の特徴、アロマ加湿器の効果、自然蒸発の約10倍の効果がある?香りの効果で心身のバランスも整える、安眠、抗炎症効果、殺菌効果を持つを解説してます。
加湿空気清浄機
加湿空気清浄機人気ランキングTOP10喉の痛み、風邪、ウイルス、インフルエンザ予防対策、肌やドライアイの乾燥による花粉対策、紫外線対策にも、新しい方法で空気を抗菌・消臭・加湿する、TOP10をご紹介してます。
加湿器の結露対策
結露対策の加湿器の置き場所、加湿器の結露しない寝室での最適な湿度は何%?結露の原因、加湿器の湿度設定は自動がいい?結露対策のシートやスプレー、断熱結露防止シート、100円で簡単にできる結露対策、カビ防止、窓の水滴をなくす7の方法を解説します。
夏の加湿器の5の効果とは
夏を快適に乗り切るにも加湿器は必須アイテム、夏の加湿器の効果とは!夏の加湿器の湿度の目安は何%が快適?加湿器は夏風邪予防にも、夏の室内は意外と乾燥してる!気化熱によってまわりの温度も下げられる、温度を下げる効果、喉が痛くなるを解説します。
喉専用加湿器としておススメなのは?12種類の加湿器
エアコンで喉が痛いあなたは、加湿器を!乾燥による喉専用加湿器のイガイガ対策!加湿器の蒸気によって喉を和らげる、加湿器は喉に直接あてるのは良いのか、悪いのか、初めての場合は管理もしやすい何式の加湿器がおススメ?適度な加湿環境を解説します。
春夏秋冬の加湿器の使い方
夏も加湿器と冷房の併用はOK?冬場と夏場のエアコンのカビは喉にどのような影響を与えるか、喉のケアに関心がある、加湿器の冬と夏の使い方は、春と秋の使い方、インフルエンザの予防、季節に応じて使い分けることが重要、過剰加湿は禁物を解説します。
自然エコ加湿方法
自然エコ加湿方法、ぬれタオルなど洗濯物を部屋に干す、鍋、ヤカンでお湯を沸かす、コップに水をいれておく、表面積の多い紙を使って、容器に入れた水を蒸発させて加湿するミスティガーデン、ミスティブーケ、植物を室内で育てるなどについて解説してます。
加湿器のカビ
加湿器のカビで咳がでる理由とは、赤カビの掃除方法、カビの防止対策は?寝室の部屋に加湿器のカビ、フィルターのカビ、ピンク色の垢のようなもの、専用のピンクぬめり抑制スプレー、雑菌のアレルギーによる症状が出る、黒カビが発生するを解説してます。
スチーム式加湿器の仕組み
スチーム式加湿器とは、安全面に注意が必要、悪い置き場所とは、良い置き場所とは、水垢が付いた状態での使用を続けるとどうなる?スチーム加湿器の仕組みを解説します。
スチーム式加湿器の6つの注意点とは?
イオンフィルターでスチーム式加湿器を清潔に、アロマオイルを使える物と使えない物、井戸水は避けなればならない理由、水垢フィルターをチェック、水漏れを防ぐ方法、水垢の原因である水中のミネラルの凝固を一定期間抑制するアイテムとは?を解説します。
スチーム式加湿器のお掃除お手入れメンテナンス
簡単メンテナンスで気持ちの良いスチーム式加湿を!お手入れ方法、クエン酸でスチーム式加湿器を掃除!タンクに赤いコケ、カビの臭いが取れます、スケールの除去方法とは?経済的な掃除方法、重曹を溶かしたぬるま湯にフィルターなどを浸けておくを解説します。
スチーム式加湿器と冷房と暖房の相性は良い?
スチーム式加湿器と冷暖房の相性、スチーム式加湿器の理想の湿度とは?良い温度とは!快適な冬場と夏場の室温を作るには?温かい蒸気、喉を傷めない加湿器とは?喉を傷めないためにも併用は効果的?何%以上になるとダニやカビが繁殖する?を解説します。
スチーム式加湿器は10時間で電気代は?
スチーム式加湿器省のエネ対策、スチーム式加湿器は電気代(消費電力)が高くなる?10時間で電気代は約何円?メリットとデメリット、冬場は暖房器具と加湿器を併用する、音が大きめ、短時間で広範囲を加湿出来るスチーム式加湿器を解説します。
アロマディフューザーの芳香浴の効果で自然治癒力を高めましょう
声の出し方、喉に関連する痛み、腫れ、違和感、乾き、ぶつぶつの記事、声帯炎、声帯ポリープ、扁桃腺、喉頭炎、喉頭蓋炎、扁桃腺肥大などの喉のいろんな種類の病気、口内炎、甲状腺、口呼吸、自律神経失調症、加湿器について解説してます。
4種類のアロマディフューザー
超音波式、エアー式、気化式、ファン式のアロマディフューザーはどんな人におススメか!大別して加熱式と非加熱式の二種類、自分好みの香りを混ぜたオイルを使いたい、火も水も使わない、内蔵したパッドに精油を染み込ませて風で香りを拡散を解説します。
アロマディフューザーのお手入れ掃除
アロマディフューザーのお手入れは何日に一度が良い?雑菌を防ぐ方法、湿気とオイルの栄養はカビが繁殖するには絶好の場所、カビを部屋中にまき散らしてしまう、放っておくと汚れます、拭く習慣をつける、アルコールで除菌、水を貯めたままを解説してます。
アロマディフューザーを5タイプの液体
アロマディフューザー水あり・水なしタイプの違い、アロマをブレンドしても楽しめる、お好みのアロマオイルの原液を数滴垂らす、余った香水の簡単な使い道、柔軟剤や香水のように香りをより身近に感じられるアイテム、年齢を問わず人気を解説してます。