自律神経失調症の7つの原因といろいろな症状

自律神経失調症の7つの原因といろいろな症状

 

自律神経とは
「交感神経」と「副交感神経」の2つ。

 

「交感神経」とは
身体が活発に活動する時に優位に働く、寝てても働く神経。

 

 

「副交感神経」とは
身体がゆったりとしている時に優位に働く、寝てても働く神経。

 

 

自律神経失調症とは
人間の意志とは無関係に呼吸・心拍動・消化液の分泌などの
自律機能を調節する神経系です。

 

 

自律神経失調症は何科を受信するとよい?
心療内科・精神科など

 

 

自律神経失調症のいろいろな症状
喉の違和感、喉の痛み、血圧、頭痛、耳鳴り、肩こり、首コリ、胃の不調、吐き気、手足のしびれ、咳、手足の冷え、発汗、不眠、めまい、倦怠感、急な動悸関節の痛み、疲れやすい、眠れない、腹痛、下痢、微熱、食欲不振、生理不順、体の不調から、精神的なものまで広範囲など。

 

症状チェックは女性と男性の違い、インターネットなどで診断可能、薬物療法や心理療法などの治療法、自身に合った治療法を選ぶ、自律神経失調症とうつ病との違いとは?ストレスを和らげる食事療法、症状に合わせて選択することが重要を解説してます。
自律神経失調症の女性と男性の違いとは

 

 

自律神経失調症の7つの原因
原因1
自律神経失調症は別名、冷房病とも言われています。
つまり、冷房の影響で自律神経失調症になる場合が多いと言えます。
「温度5℃差」以上の場所の出入りを繰り返すと、自律神経失調症を起こし、めまいや立ちくらみなど様々な体調不良を引き起こすほかにも、
屋内と屋外の温度差(温度5℃差以上)が大きい場合には、
頭痛や倦怠感など自律神経系の障害も起こしやすくなります。

 

 

男女の代謝機能の違い
男性は熱を逃がしても熱を多く作れるが、
女性は熱を作る能力が低く、熱を逃がさないよう体温調整します。
そのため、男性の方が2℃くらい温度が高いそうです。
体の機能的な面からも女性の方が、冷房が苦手な体質といえるでしょう。

 

冷房による冷えが招く5つのトラブル
1 疲れがとれない
2 むくみ
3 肩こり
4 生理不順や生理痛
5 免疫力の低下

 

免疫力機能が低下する原因の疲労、栄養のかたよった食べ物や栄養不足、睡眠不足、ストレス、高血糖、砂糖の取り過ぎ、加齢(高齢)による免疫力が下がる、喫煙(たばこ)の習慣がある、冷え、季節の変わり目、運動不足、の11の理由について解説してます。
免疫力低下の原因(11の理由)

 

免疫力を高める方法の睡眠をとる、適度な運動をする、規則正しい生活をする、バランスの取れた食べ物、喫煙をしない、高血糖、砂糖、水分補給、笑う、ストレス、爪をもむ、鼻呼吸、乾布摩擦、体温を下げないをするについて解説してます。
免疫力を高める方法(アップする15の方法)

 

 

原因2
生活の乱れ
不規則な生活、夜間勤務、睡眠不足

 

 

原因3
ストレス
仕事のストレス、人間関係のストレス、精神的ストレス

 

 

原因4
ストレスに弱い体質
体に現れるストレスの症状
心血管系→高血圧・不整脈・狭心症・心筋梗塞など
呼吸器系→気管支喘息・過呼吸症候群など
消化器系→肥満症・胃潰瘍・潰瘍性大腸炎など
筋骨格系→慢性間接リウマチ・偏頭痛・緊張型頭痛など
皮膚科→円形脱毛症・慢性蕁麻疹・アトピー性皮膚炎など
その他→糖尿病・更年期障害・メニエール病・甲状腺機能症など

 

 

原因5
ストレスに弱い性格
「ストレスの受け止め方」でストレスによる心や体への障害は避けることができます。
精神病、パニック障害、うつ、不眠症、過敏性大腸症群下痢型、不安になる、社会性不安などの病気があります。

 

 

原因6
環境の変化
転勤、引っ越し、転校など。

 

 

原因7
女性ホルモンの影響
女性ホルモンは出にくくなると自律神経のバランスが崩れます。
女性ホルモンが少なくなれば、女として老化したことになります。
女性ホルモン値年齢というのがあります。ホルモン量は、健康診断などで
行う血液検査ではわかりません。
婦人科医などで、専門の血液検査を行う必要があります。
女性の場合は月経周期によってホルモン量は変化するので、検査を受けたときが周期の何日目であるかを把握しておく必要があります。

スポンサードリンク