腹式呼吸の6のメリットとは?

スポンサードリンク

 

腹式呼吸の特徴!

 

呼吸法の一つに腹式呼吸があります。

 

腹式呼吸とは読んで字のごとく、

 

お腹で呼吸をしていくものです。

 

特徴としては横隔膜を上下させて息をします。

 

腹筋をはじめ、全身の筋肉が

 

鍛えられるので様々な健康にいいとされています。

 

 

 

 

腹式呼吸の注意点

 

腹式呼吸の注意点を解説します。

 

腹式呼吸をする際は姿勢が重要です。

 

猫背ではお腹が圧迫され空気が

 

充分に入ってこず、効果が半減してしまいます。

 

そのため、背筋を伸ばしてあごが

 

前に出ないようにして腹式呼吸を

 

行うように心がけましょう。

 

 

腹式呼吸をしてる女性の画像

 

 

腹式呼吸に最も必要な筋肉

 

腹式呼吸に使う筋肉は息を吐く時と

 

吸う時で変わってきますが、

 

どちらの状態でも必要な筋肉が横隔膜です。

 

肺の収縮をサポートする横隔膜を

 

上下に動かし上手く使うことが、

 

腹式呼吸をする上では最も

 

大切なポイントとなります。

 

 

 

 

横隔膜との関係は!

 

腹式呼吸と横隔膜との関係は、

 

仰向けに横になって深く深呼吸を

 

してみるとわかります。

 

その理由は、横隔膜は肺や

 

心臓のある胸腔と胃や腸などがある

 

腹腔とを仕切っている膜のことで、

 

腹式呼吸の場合、胸式呼吸に

 

比べてより深く呼吸することから

 

肺がしっかり膨らむため、

 

胸腔の面積が広がり横隔膜が

 

上下するからです。

 

 

 

6のメリット

 

全身の筋肉が鍛えられる
ホルモンの分泌が活性化
免疫力アップ
痩せやすい体質を手に入れる
基礎代謝アップ
自律神経のバランスを維持しやすくなる

 

 

 

 

腹式呼吸のメリットとは?

 

お腹の底から大きく深呼吸をすると

 

心が落ち着くように、腹式呼吸と

 

自律神経には深い関係があります。

 

その理由は深くゆっくり呼吸することにより

 

副交感神経が働き、ホルモンの分泌が

 

活性化して免疫力があがり、

 

体調が整うからです。

 

また、腹筋との関係は

 

横隔膜の上下運動にあり、

 

インナーマッスルを鍛えることにより

 

基礎代謝がアップし、痩せやすい

 

体質を手に入れることができるようになります。

 

 

腹式呼吸のメリットの画像

 

 

腹式呼吸で腹横筋を鍛えよう

 

腹式呼吸はお腹周りの

 

筋肉を動かすことになるため

 

腹横筋との関係は深く、

 

積極的に取り組んでいきたいものと言えます。

 

その理由は体幹を支える

 

インナーマッスルの一つである

 

腹横筋を鍛えておくことは

 

健康の維持に大いに役立つからです。

 

 

 

 

気になる内臓脂肪との関係は!

 

腹式呼吸とは胸部を使わずに

 

横隔膜を使って呼吸をすることで、

 

腹式呼吸と内臓脂肪との関係は強いと言えます。

 

その理由は腹式呼吸によって横隔膜が

 

しっかりと上下に動くことで代謝が上がり、

 

ストレッチ作用も加わって

 

内臓脂肪の燃焼が期待できるからです。

 

全身の細胞に十分な酸素がいきわたり、

 

細胞の新陳代謝がスムーズになって

 

自律神経のバランスを維持しやすくなります。

スポンサードリンク