長時間のクーラーで喉がイガイガする原因はドライな空気

長時間のクーラーで喉がイガイガする原因はドライな空気

 

長時間のクーラーは夏風邪の大敵!ドライな空気が原因
クーラーで喉を痛めてしまうのはドライな空気が原因です。クーラーを長時間つけたままでいると空気が乾燥してしまい、朝起きると「喉が痛い」という症状に見舞われます。湿気がなくなることで、元々付いていたウイルスやホコリが炎症を起こしてしまうのです。

 

 

クーラーで喉がイガイガ
夏の暑い日、クーラーは欠かせませんが、クーラーをつけっ放しで寝ていたら、朝起きたら喉がイガイガなんてことはありませんか?これはクーラーのせいで喉が乾燥してしまったことが原因です。お部屋の湿度に気をつけて乾燥し過ぎないようにしましょう。

 

 

クーラーで喉がかゆくなる人は要注意
クーラーをつけっぱなしにして寝ていて、喉が痛くなったり、むずかゆいような状態になったことはありませんか。夏にクーラーのかけすぎで風を引いてしまったから喉が痛いのかと思えば、熱も出ないし、鼻水もでない。どうも風邪では無い様子。こんな症状があったら、エアコンのカビによる影響やエアコンによる乾燥を疑いましょう。

 

 

喉が痛んだり声が枯れたりしないために!クーラーの使用は要注意
長時間、クーラーを使いすぎると、喉が痛んだり、声が枯れたりして体調に悪影響をおよぼします。そのような事態を回避したいなら、クーラーの設定温度や使用時間を決めることが大事です。また、スカーフやマスクを使って、喉や口元を守る方法も有効です。

 

 

どうして、クーラーで朝起きた時、喉が乾く
朝起きた時、喉が乾く、イガイガしている、なんてことはないでしょうか。それは、クーラーによって、部屋が乾燥してしまうことが原因で、喉を痛めてしまっています。そんな時は、部屋に濡れたタオルなどの洗濯物を干しましょう。洗濯物によって部屋の湿度が上がり、喉が渇く事が少なくなります。

スポンサードリンク